英語を話すスキルが必要な理由

国際社会となってきて海外で働く日本人も増えています。それとは逆に海外から日本に来て働く外国人も相当な数います。日本の看護師にも海外に転職している人がいるかもしれません。日本で働く外国人全てが日本語を話せるわけではありません。そんな外国人でもずっと健康でいられるわけではありません。病気になる人だって出てきます。そんな時に病院に行っても言葉が通じないと症状が説明できません。英語は世界で最もよく使われている言語の一つです。日本語が話せなくても英語は話せるという外国人も多いでしょう。そんな時に看護師が英語を話せるととても助かるわけです。医師で英語を話せる人は多いでしょうが、医師だけでは不十分です。看護師も英語を話せた方が良いのです。会社の公用語に英語を用いる会社もあります。国際社会で生き抜いていくためには英語を覚えていた方が有利です。観光地のお土産店の店員で英語を話せる店員もいると聞きます。観光地で英語が使えると外国人も安心して観光に来ることができます。外国人が日本語が話せなくても安心して日本で暮らしていけるように英語が話せる日本人が増えると良いでしょう。また、看護師で英語が話せると海外に活躍の場を移すことだってできます。海外で働きたいと思う看護師もいます。日本で活躍するにも海外で活躍するにも英語を覚えておくといろんなことで得をします。例えばキャリアアップのために転職を考えたとき、看護スキルがあるだけでなく英語が話せるというのは利点になるでしょう。また、病院によっては英語力が特別なスキルということで手当てがついたりお給料に少し色がついたりすることもあるかもしれません。それでお金を貯めて、さらなるキャリアアップのために海外に飛び出していく資金にする、ということも計画できる可能性があります。もしくはそこまでの志はなくとも、英語が話せる女性ってかっこいい!という入口だって良いでしょう。病院の規模に関わらず英語の勉強はしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です